コタパパの好きな音楽のこと、コタ家の出来事、世の中のこと、
お気に入りのサイト紹介、かわいい息子の小太郎のこと ・・・・

2000年4月〜2002年12月までの「独り言」はこちら
[一覧] [最新]

2008年8月の日記

8月14日(木)  武道としての柔道
私たちの合気道の道場では、全員がそれぞれの思いを書いた文集を毎年発行しています。今年も何を書こうか悩んでいたら・・・・今はやっぱりオリンピックですね。

ということで、今回は今一番気になっている柔道のことを書きました。

……………………………………………………………

8月14日、北京オリンピックの真っ只中です。

今日は100キロ級の鈴木桂治があっさりと負けてしまいました。アテネに続く2階級制覇は誰もが疑わなかった実力者ですが、モンゴルの選手にもろ手刈りで、というより「タックル」で1本をとられてしまいました。

今や柔道はJUDOとなり、欧州では、柔道と呼ばずに「ジャケットレスリング」と呼ぶことすらあるといいます。堂々と技を掛け合って一本を取る日本の柔道が、パワーで押し込み、「指導」のポイントを取って勝つJUDOに変わっています。
そして、投げられないように「腰を引き、組ませない」ポイントを取られないために「技をかけたふりをする」・・・・そつなく試合をしたものが勝者になるというつまらないスポーツになっているようです。

しかし、そんな「JUDO」を仕掛けて来る外国人選手に対して「きれいな一本を取る」という気構えで試合をしている日本人選手は立派だと思います。もちろん金メダルを取って欲しいけど、メダルは取れなくても一本を取るという勝ち方にこだわる日本人選手に応援をおくっています。

「負けない試合をする」「反則でも勝ちは、勝ち」と言う日本人の選手もいるようですが、そんな姑息な勝ち方は武道ではありません。

日本の柔道は、堂々とした技の攻防、あくまでも「きれいに一本勝ち」を求める、日本の柔道のスタイルを貫いていって欲しいと思っています。
No.339

8月10日(日)  武道場の宣伝もいろいろ
只今入会キャンペーン中につき、入会費無料、道着プレゼント中!

上記のようなコピーで入会者を募集している道場がありました。武道場でキャンペーンがあるというのも変な話です。サービスをしたり、頭を下げて入会してもらうものではないと思うのですが・・・(^^;

私が稽古している合気道の道場は、勧誘や宣伝はゼロ、全くといっていいほど行っていません。口コミや評判だけで入会者が増えていきます。入会できる時期は、1年の内2回ほどしかありません。その時期を外れての入会希望者は全てお断りすることになります。

先日も大人の女性の方が1名、小学生が4名入会してきましたが、今後10月までは入会希望者はお断りすることになります。何故かというと、10月に審査会があるので、初心者に対してしっかりした指導がとれなくなるからです。

先日も道場長の所へ4組の入会希望者の電話があったそうですが、お断りしたそうです。

キャンペーンで勧誘している道場にとっては「もったいない話」でしょうね。(^^♪
No.338

8月6日(水)  暑くなると・・・・
私が子どもだった頃の夏は、スイカをよく食べたものですが、近年は昔ほど食べなくなったようです。

そのスイカを今日は食べようかということでコタママが買いに行ったのはいいのですが・・・・・。

お店のスイカの並んでいるコーナーで、細切れの試食用がある、と思って口に入れたら・・・・値札がはってありました。ヽ(^o^)丿あわてて購入用のカゴに入れたそうです。

食い意地だけはまだ若いコタママのおかげで今日のスイカは細切れです。(^^;
No.337

8月2日(土)  新刊 巨大昆虫探険図鑑
友人の昆虫写真家・山口進氏から新しい著作本が贈られてきました。

巨大昆虫探険図鑑 山口 進 写真・文

世界最大のヘルクレスオオカブト、迫力のオバケエダナナフシなどの巨大昆虫、実物大標本と生態写真で紹介してあります。生息環境の紹介、実際に現地をたずねた著者の探検記も。

写真の説明に書いてある著者の文章がおもしろい。これらの昆虫との出会いの様子、探検記がエッセイ風に書かれていいます。

実力不動 ― 行かなければ、はじまらない
迫力最大級 ― バタフライ・キング
勇猛果敢 ― 出会うことと信じること
南半球の巨大蛾 ― 巨大昆虫に望むこと
アジアの巨大蛾 ― 熱帯の里山をめぐる
威風堂々 ― 巨大昆虫は思い出とともに
森の忍者 ― 念ずれば通じる
千変万化 ― 探険旅行の憂鬱
魔王の触手 ― 巨大昆虫の島
接近禁止 ― インカ帝国の落とし子
忍耐と反逆 ― 擬態昆虫のジレンマ
祖先は史上最大? ― 友達はいちばんの宝
アフリカの妖蝶 ― 世界初にのぞむ
羽ばたく巨大蝶 ― 旅の終わり

しっかり書かれた書評がありましたので紹介しておきます。

「実物大」の実感。生き物への驚きと興味の世界が広がっていく。( 銀の皿さん )
http://www.bk1.jp/review/0000467084
No.336

No. PASS
 OR AND
スペースで区切って複数指定可能
HOMEコタパパの独り言BBS音楽雑記帖槙健一ファンページPROFILE更新記録
[日記一覧]
shiromuku(fs1)DIARY version 1.01
frameborder=0 marginheight=0 marginwidth=0 scrolling=no>